弱い体にしていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

微生物、すべて敵なの?

 

どこもかしこも除菌とマスク。
除菌・殺菌しすぎで、今度は保湿剤を塗る???

私たちの皮膚にはもともと無数の微生物(菌・バクテリアなど)がいます。
皮膚の上に常在菌がいてくれるから、保湿でき健やかな皮膚でいられるのではないのかな…。

除菌しすぎて排除してしまえば、カサカサになり痒くなったりひび割れたりするのは当然で、
それゆえ保湿クリームを塗って保湿する???

ん? それ(除菌も保湿も)自分の皮膚がいつもやってくれてたのに⁉

 

体の中にも、大腸菌とか悪玉菌とか…、
微生物のおかげで消化できるように変化させることで、
食べたものを吸収することができるのではなかったっけ?

増えすぎたら困るけど、いなければならない存在だし、
微生物たちのバランスがくずれれば、身体や皮膚が不調になるのは当たり前のような気がする。

ウィルスが怖いといって、そのひとつの菌だけを排除することはできないのです。
例えば、からだのすべての菌がいなくなるとどうなるでしょう。
たぶん、生きていけないと思う。
強い薬品を使って菌を排除することは、弱い身体をつくっていることになりませんか?

菌を排除するという考えより、バランスを整えましょう!
最初から、あなたと共生している常在菌とのバランスがしっかりとれている身体で、
免疫力を発揮しましょ(^^)

少々違う菌が身体に入ってきたとしても、皮膚についたとしても、
あなたの免疫力で無毒化することもできるのです。

見えないウイルスに過敏になったり、不安になり過ぎず、自分自身の身体をもっと信じてください。
身体はいつも私たちにはわからないところで、しっかりと働いて守ってくれているのです。

自分自身の身体のバランスを感じ、免疫力を保つ方が断然安全で、健やかでいられます!(^^)!

関連記事一覧

最近の記事

  1. 2020.09.30

    繋がってるよ

アーカイブ

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP